米原 真人とは

PROFILE

昭和57年 7月29日 生まれ


健伸行田幼稚園、行田東小学校、行田中学校、千葉県立鎌ヶ谷高校 卒業

國學院大学経済学部 卒業 

高等学校教諭一種免許状(公民)取得

ICT関連企業に入社後、日本最大級の起業コンテストに出場。

携帯のデータをサーバー上に保管するという

ビジネスプラン(現在のクラウドシステム)が評価された縁で、

特待生としてデジタルハリウッド大学院に入学 

DCM修士号(専門職) 取得

日本・メキシコ間の国家プロジェクト

(現)日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画

(旧)日墨交流計画に参画。

EPA(経済連携協定)研究のため国立UNAM大学CEPEへ国費留学。

帰国後、日本という生まれ育った国の未来を強く想い

木村てつや (現 衆議院議員)に入所し、政治の基礎を学ぶ

その後、片山さつき(参議院議員 ) 公設秘書に就任。 
インターネット、メディア・マスコミ、広報等

千葉県、東京都等、関東重点エリアの総責任者を歴任

現在は、船橋市議会議員として、精力的に活動を行う